小水力発電

小水力発電

小水力発電とは川や農業用用水路などを流れる水の力を使って発電することを言います。大規模なダム型の水力発電に対して、流れている水をそのまま取り込んで使うので、環境負荷が少ない発電方法です。ダム型水力に比べると川やその周りに住む動植物にとってもやさしい自然エネルギーで、水が安定して流れていれば安定したエネルギーを創りだすことができるので良質な電気が得られます。

ひおき地域エネルギー株式会社は、出資者でもある地元企業とともに、自治体や地元金融機関の協力も得ながら、小水力発電の開発を進めてきました。この取り組みは前身のひおき小水力発電推進協議会による2013年から続く活動の延長線上にあります。

日置市吹上町永吉に建設された永吉川水力発電所は、2017年に工事着工し2018年6月に運転を開始しました。発電した電気は地産地消の電気として地域内で使われています。

永吉川水力発電所

水車の形式 クロスフロー水車
ドイツヴァッサークラフトフォルク社製
有効落差 8.65m
最大使用水量 0.68m3/s(立法メートル毎秒)
発電機 永久磁石発電機
発電出力 44.5kW(年間約70世帯分相当)

永吉川水力発電所のしくみ

水が流れる力で水車を回転させ、その回転力で発電機を回して電気を作るのが水力発電です。
水の量が多いほど、流れ落ちる高さが大きいほど、たくさんの電気を作ることが出来ます。

水車のしくみ

断面図


内部イラスト

出典:ハイドロバレー計画ガイドブック(経済産業省)

永吉川水力発電所の水車は、クロスフローという種類の水車です。2つのガイドベーン(案内羽根)が水の量を自動調整し、効率が落ちないようにします。水が少ない場合は片方のガイドベーンが閉じ、もう一方のガイドベーンのみが開いて水車を回します。

大きさは、約1.2m×1.2mです


協力会社

発電事業者 ひおき地域エネルギー 株式会社
設計 大福コンサルタント株式会社
建設工事 株式会社 西郷組 | 株式会社 寿産業
電気工事 株式会社 ドゥプロジェクト
協力 株式会社 水力開発コンサルタント

ひおき地域エネルギー株式会社

住所:日置市伊集院町妙円寺2‐54‐10
電話:099‐248‐7200
FAX:099‐248‐7201