電力自由化について

電力自由化って?

2016年4月から電力小売り全面自由化が始まりました。これまでは家庭や事務所などの低圧向け電気は、地域の電力会社である九州電力だけが販売をしてきましたが、4月以降家庭や事務所、飲食店などでも九州電力以外からでも電力販売会社を選べるようになっています。

電気をたくさん使う高圧区分の需要家(工場や病院、市庁舎など)は既に自由化されていましたが、2014年の4月1日からは「低圧」区分のすべての需要家も電力会社が選べるようになったので全面自由化と言われています。

電力の自由化でどう変わる?

「電力の小売全面自由化」により、たくさんの事業者が電気の小売市場に参入してくるので電力会社が選べるようになります。

新規参入が増えると、各社の独自の料金メニュー・サービスが出てくるので、消費者は自分に合った電気を購入することができるようになります。地域の電気を活用した地産地消の電気や、再生可能エネルギーの割合が高い電気、ガス・携帯・インターネットなどとセットにしたセット割引電気などが選べるようになります。

今まで地域の1社が担っていた小売り市場を自由化することによって、サービスの向上や電気代の最適化が行われ、消費者への恩恵もあります。また電力市場の自由化によって関連ビジネスも活発になり、経済が活性化していくことが予想されています。

電力会社を変更するには?

1.変更したい電力会社へ申し込む

各社のホームページの申し込み、サービス窓口へ変更の申し込みをしてください。

変更の際には各社のサービス内容、契約期間や契約解除時に違約金が発生するのかといったことも確認してから契約をしてください。

変更の申し込みに必要な情報
  • 現在の電力会社
  • 現在の電力会社のお客様番号
  • 供給地点特定番号
  • 検針日

※これらの情報は検針票により確認できます。

kenshinhyo

2.スマートメーターへの交換

地域の送配電網を管理している九州電力がメーターをスマートメーターに変更します。消費者側がスマートメーターの設置の費用を負担する必要はありません。ただし消費者の都合で特別な工事が必要な場合は個別の費用負担が発生する可能性があります。

※スマートメーター:通信機能を持ち、電気の使用量を遠隔で計測できる装置

3.変更先の電力会社からの配電

契約を締結し、スマートメーターの設置工事が終わると、新しい電力会社から電気を購入する準備が整い、変更日から新しい電力会社から電気が供給されます。

ひおき地域エネルギー株式会社

住所:日置市伊集院町妙円寺2‐54‐10
電話:099‐248‐7200
FAX:099‐248‐7201